引越し アート引越センター

アートに女性スタッフを付けて貰い契約したのですが…

 

私の個人的な荷物がパソコンやテレビ、ルーターやブルーレイレコーダーなどの電気機械でした。

 

業者さんのほうで丁寧に梱包してくださり、梱包の方法の説明から分かりやすくダンボールにマークをつけてくださり丁寧に接してもらえたことがよかったです。

 

安心して任せることが出来ました
新居で業者さんと荷物の整理をしていたところ業者さんのほうから飲み物をもらえました。

 

本来ならこちらが準備しておかないといけないと思うのですが気が利いていて良かったです。

 

ただ1つ難点を挙げるとしたら、おそらくアルバイトさんだと思われるのですが動きが遅かったことです。

 

荷物は重いし疲れているのは分かりますがお金を払って雇っているのでテキパキと動いてほしかったです。

 

こちらが希望してつけて貰った女性スタッフさんもやる気が感じられず途中で荷物を任せるのが怖くなりました。

 

 

引越し準備のノウハウ

 

アート引越センターで引越しました

引越しをするときはダンボールに色々荷物をつめると思いますが、ダンボールに何を入れたか表記しておくことが大切だと思います。
そしてただ闇雲につめるのではなく引越し先の家の間取りを確認して荷物の配置を考えながらつめることがいいと思います。

 

引越しが終わり荷物を出すときに、配置ごとに荷物をまとめておくと出した後の整理も簡単に出来ます。

 

引越しをするときにはパソコンのバックアップを取るようにしています。

 

今までにデータが紛失したりパソコンが壊れるという経験はありませんし、引越しの業者さんも丁寧に梱包してくれるので心配はありませんが、万が一に備えてバックアップを取っています。

 

引越しをするときにはデータのバックアップは必要だと思います。

 

引越し後、再引越しをするハメになった出来事

 

5.6年ほど前に夫と生まれたばかりの赤ちゃんと3人で賃貸で暮らしていた時のことです

 

隣に住んでいるお婆さんが、頭がおかしいようでずーーーーーっと、空に向かって塀にたくさんのうるさい鈴をつけ、それを手で持った棒に引っ掛けてガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンガシャンやりながら数年前の市の区画整理や近所のかたの文句を大声を張り上げて文句を言っていた。

 

当時、子供が生まれたばかりだったので、四六時中騒音が発生し、言葉使いも汚ないものだったので生まれたばかりの赤ちゃんた家から出られなかったので精神的に参ってしまいました。

 

赤ちゃんが成長し、言葉を発する時期に、これはほんとうによくないとかんじ、私自身も参ってしまっていました。

 

ストレスが酷くて肌荒れも酷くなったり散々でしたね。

 

こちらからこどものおもちゃのラッパやオモチャの鈴、家のスピーカーから大きな音を出したり、言葉でうるさい!いいかげんにしろー!!!!!と何度も旦那さんに言ってもらったり、

 

途中から、わたしもおさえきれなくなり、わたしも叫びました。

 

部屋から毎日迷惑しているというないようの手紙をなげいれたり大家さんに言って行ってもらったりしましたが警察にも言った。

 

なにより、子供への影響が恐ろしいです。

 

警察はもう何度も注意を受けている人で改善されない方だったらしく家族も見放している、なんだかかわいそうなおばあちゃんでした。

 

一向に直らないので、沢山悩んだあげく、引越しをしてしまいました。