女性スタッフのいるありがたみ(引越し体験談)

 

きていただいたスタッフさんは、女性スタッフもいたため、女性にとっては安心できる環境でした。

 

依頼したプラン内容は、引越しで荷物を運ぶだけでお願いしておりました。

 

自分で事前に梱包しておく流れだったため、間単においていかれた備品についてご説明いただきました。

 

また、事前に梱包用のダンボールや、割れ物を巻くようなシートなどを多めに置いていっていただきました。

 

友人の引越しの際には、ダンボールのみおいていっていたので、自分たちで食器などの割れ物が割れないように包むシートなどを準備しておりました。

 

引越し用に荷物をまとめるだけでも結構苦労したので、梱包用の備品を置いていっていただけたことはかなりありがたかったです。

 

使い方などを伺っておかげさまで割れ物などの破損はありませんでした。

 

引越しスタッフに女性を入れて欲しい場合

 

引越しの際、気をつけるべきことは3点あります。

 

1点目は、入居時の契約に不動産業者と確認をされるかもしれませんが、部屋の傷などを再度チェックし、業者が入った後もチェックをしたほうがよいです。

 

大型の家具を運ぶ際は布なので包んで運ばれることが多いですが、どうしても傷がつくリスクが高いため、引越し業者とお互いに念のためチェックをして回るとよいと思います。

 

2点目は、自分の引越しのため、スタッフの方には思った以上に質問を受けました。

 

当日やらなければいけない自分の作業などを残しておくと、質問に回答するだけでも結構手一派にになってしまうので、指示ができるように大事なものや見られたくないことは事前に終わらせておいたほうがよいです。

 

3点目は、自分で梱包するとどこに持っていってほしい箱かを記入し忘れてしまうことがあります。

 

当日いちいち中を確認していただかなくても大丈夫なように、記入漏れはないようにしたいです。

 

騒音問題に悩んでいました

 

今も続いていますが、10年近く、隣の方が飼っている犬の鳴き声に困っています。

 

隣の方はダックスフンドを何匹も飼っていて、ブリーダーのような事を行っているようです。

 

その為、家には常に犬がいて、しかも寝ている時間に限って吠えるのです。

 

ダックスフンド自体、牧羊犬という事もあり物音に敏感な生き物です。

 

そのせいか、夜に家の裏の駐車場等で車の出入りをする音が聞こえただけで長時間吠えます。

 

しかも、飼い主自身もうるさいと感じているのか、犬が鳴き出すとわざわざ犬をベランダに出すのです。

 

だから余計にうるさくて寝れません。

 

また、ベランダに何匹犬が出ている為、朝になると少し臭います。

 

匂いは仕方ない事かもしれませんが、消臭する等、マナーを守ってもらいたいです。

 

 

 

その後の対策

 

飼い主に直訴しました。

 

しかし、謝る事もなく、「ダックスフンドは声が大きいものなのよ。私達でさえ、うるさく感じている時もあるのよ」とあっけらかんと振舞っていました。

 

飼い主がうるさく感じるのは自業自得だと思います。

 

しかし、近所に迷惑をかけるとなると話は別です。

 

私はひるまず、「いえ、うるさくてずっとまともに眠れないんです」と引き下がりませんでした。

 

それでも飼い主は「でも、だって」と迷惑をかけているという事を認めませんでした。

 

らちがあかなかった為、「せめて、ベランダに出すのをやめてください」とだけ伝えました。

 

しばらく何も代わり映えのない日々が続き、相変わらず鳴き声はうるさいままでした。

 

しかし、急に鳴き声が聞こえなくなり、他の近所の方に、「最近、鳴き声マシだよね」言ったところ、「実は私もあまりにうるさかったから言いに行った」との事。
さすがの飼い主も、クレーム続きには耐えられなかったのでしょう。